100年後の地球に残る「映画」を創る

写真:Jeremy Bishop on Unsplash

およそ100年前、チャールズ・チャップリンはサイレント映画の名作『キッド』を製作しました。喜劇の中に人間の愛と社会問題を取り入れた映画は、100年後の現在でも観ることができるし、私たちの心を動かします。

「映画」には未来にメッセージを伝える力があります。

しかし、地球環境が危機に瀕するいま、私たちの子孫に映画を楽しむ「良い日」は訪れるのでしょうか。

地球がなければ、「映画」も観られません。

『YOIHI PROJECT』は地球の未来のために、気鋭の日本映画製作チームと世界の自然科学研究者が協力して、様々な時代の「良い日」に生きる人間の物語を創り、「映画」で伝えていくプロジェクトです。

私たちはエンターテイメントの力でアクションを起こします。

100年後の君たちが「良い日」を迎えることを願って。

2022.11.1 YOIHI PROJECT

この記事をSNSでシェア