YOIHI PROJECT映画第1弾『せかいのおきく』公開決定! 主演:黒木華 / 共演:寛一郎、池松壮亮 / 脚本・監督:阪本順治

YOIHI PROJECTの記念すべき長編映画第1弾『せかいのおきく』が2023年4月28日(金)より全国公開されることが決定しました。

名匠・阪本順治監督が自身のオリジナル脚本を映画化。

主演は『小さいおうち』(2014)で第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞、卓越した演技力で三度の日本アカデミー賞最優秀助演女優賞に輝く黒木華。

共演は、祖父に三國連太郎、父に佐藤浩市を持ち、『ナミヤ雑貨店の奇跡』(2017)、『菊とギロチン』(2018)で数々の新人賞を受賞し、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で演じた公暁役で注目の寛一郎。そして、『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(2017)、『宮本から君へ』(2019)など数々の主演作で日本映画界を牽引し、『シン・仮面ライダー』(2023)の公開も控える池松壮亮。

舞台は日本が世界の渦に巻き込まれていく江戸末期。寺子屋で子供たちに読み書きを教えている主人公おきく(黒木華)は、ある雨の日、厠(寺所有の公衆便所)のひさしの下で、雨宿りをしていた紙屑拾いの中次(寛一郎)と、下肥買いの矢亮(池松壮亮)と出会う。武家育ちでありながら今は貧乏長屋で質素な生活を送るおきくと、古紙や糞尿を売り買いする最下層の仕事につく中次と矢亮。侘しく辛い人生を懸命に生きる三人はやがて心を通わせていくが、ある悲惨な出来事に巻き込まれたおきくは、喉を切られ、声を失ってしまう…。

貧しい時代に逞しく生きる庶民の姿を通じて、〈人と人のぬくもり〉と〈いのちの巡り〉を墨絵のように美しく鮮烈なモノクロ映像で描く、新たなる日本映画の誕生!
そして日本映画界の次世代を担う演技派俳優三人による貴重な共演にご期待ください!

『せかいのおきく』2023年4月28日(金)GW全国公開
脚本・監督:阪本順治 出演:黒木華 寛一郎 池松壮亮
配給:東京テアトル / U-NEXT / リトルモア
(c)2023 FANTASIA

映画公式サイトURL:sekainookiku.jp
公式 Twitter アカウント:@okiku_movie

この記事をSNSでシェア